ASP-Manager アラートメール システムの異常をメールでお知らせ

アラートメール
ASPworksⅡ ASP-Manager アラートメール

ASPworkⅡ ASP-Manager アラートメールは、富士通のオフコン PRIMERGY 6000 で発生する通知メッセージおよび要求メッセージをメールで送信する機能です。

ライブラリの領域不足や紙詰まりなど、システムで発生した異常をメールで通知することができます。

アラートメール
ASPworksⅡ ASP-Manager アラートメール

また、システムメッセージ S9000~S9002 を使用することで、利用者プログラムから送信されたメッセージをメールで通知することもできます。

アラートメールで、利用者プログラムから送信されたメッセージをメールで通知するための手順は以下のようになります。

1.メッセージキュー記述の変更

ASPworksⅡ に付属するアラートメール用メッセージ記述(XTXOM010.XUCL)を変更し、利用者プログラムからの通知メッセージを受取可能に設定します。

CHGMQD MQD-XTXOM010.XUCL,UPI-*.*

2.メッセージをマスタの作成

メッセージマスタを作成し、通知したいメッセージを登録します。

例)以下のメッセージを登録します。

  • メッセージマスタ
    • MSGM.XUCL
  • メッセージID
    • 1234
  • メッセージ本文
    • “名古屋システムの月次処理が正常終了しました.”
CRTMSGM MSGM-MSGM.XUCL,ENTRY-100,MSGL-99,PUBAUT-@ALL
ADDMSG MSGM-MSGM.XUCL,MSGID-1234,TEXT-'名古屋システムの月次処理が正常終了しました.'

3.利用者プログラムの修正

利用者プログラムにメッセージを送信する処理を追加します。メッセージの送信には XSBMSGH サブルーチンを使用します。

例)Aレベルのメッセージとしてメッセージを送信します。メッセージIDには手順2で作成したメッセージのIDを指定します。

000010 IDENTIFICATION              DIVISION.
000020 PROGRAM-ID.                 SAMPLE.
000030*
000040 ENVIRONMENT                 DIVISION.
000050 CONFIGURATION               SECTION.
000060 SPECIAL-NAMES.
000070     CONSOLE    IS     CONSOLE
000080     SYSOUT     IS     SYSOUT.
000090*
000100 INPUT-OUTPUT                SECTION.
000110 FILE-CONTROL.
000120*
000130 DATA                        DIVISION.
000140 FILE                        SECTION.
000150*
000160 WORKING-STORAGE             SECTION.
000170*
000180*---(XSBMSGH 作業領域)
000190 01  MSG-CTL-PARA.
000200     02  MSGH-RTNCD              PIC  9(02)  BINARY.
000210     02  FILLER                  PIC  X(02)  VALUE LOW-VALUE.
000220     02  MSGH-MMSTNAME           PIC  X(08).
000230     02  FILLER                  PIC  X(08)  VALUE LOW-VALUE.
000240     02  MSGH-MSGID              PIC  9(04).
000250     02  MSGH-LOG                PIC  X(04).
000260     02  MSGH-MSGLVL             PIC  X(01).
000270     02  FILLER                  PIC  X(03)  VALUE LOW-VALUE.
000280     02  FILLER                  PIC  X(32)  VALUE LOW-VALUE.
000290*
000300****************************************************************
000310 PROCEDURE                   DIVISION.
000320****************************************************************
000330*
000340     MOVE    1234                TO      MSGH-MSGID.  *> メッセージID
000350     MOVE    "A"                 TO      MSGH-MSGLVL. *> A レベルのメッセージ
000360     MOVE    "BOTH"              TO      MSGH-LOG.
000370     CALL    "XSBMSGH"           USING   MSG-CTL-PARA.
000380*
000390     EXIT    PROGRAM.

4.アラートメールの設定

利用者プログラムからのメッセージ通知をメールで送信するための設定を行います。

  • システム管理の設定
    • メッセージキュー記述には手順1で作成したメッセージキュー記述を指定します。
  • メール送信(SMTP)サーバー
    • 通知メールを送信するために使用するSMTPサーバーのIPアドレスとポート番号を指定します。
  • 送信メール設定
    • 通知メールの件名や通知先のメールアドレスを指定します。
  • メッセージ設定
    • 利用者プログラムからのメッセージ通知をメールで通知するためにはS9000からS9002を追加します。
アラートメール メイン画面
利用者プログラからのメッセージを通知するための設定。

設定を変更した場合は一度【停止】→【開始】ボタンでシステム管理機能を再起動してくください。

手順3で作成したプログラムを実行すると、以下のようなメールが指定されたメールアドレスに送信されます。

アラートメール 送信メール
アラートメールで送信されるメール。

リンク

About コンピュータ・サービス 56 投稿
〒689-2103 鳥取県東伯郡北栄町田井183-1 TEL: 0858-48-3131 www.computerservice.co.jp

最初のコメントをする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*